パーソナルツール
現在位置: ホーム サービスのご案内 ソフトウェア開発 開発の流れ

開発の流れ

 開発の工程は次のようになります。ある程度の規模のシステム全体をこの行程どおりに進めると、非効率的なことがあります。その場合は、一部ずつ行程を進めることを繰り返したり、次の行程をある程度重ねて進めたりします。

  1. 要求分析
  2. ロバストネス分析
  3. 設計
  4. 実装
  5. テスト

 要求分析およびロバストネス分析は、弊社はユーザ(お客様)のサポートとして行う業務となります。それ以降は弊社の請負業務として実施します。また、すでに機能がきわめてシンプルかつ明らかな場合は、要求分析およびロバストネス分析は省略します。

 以下では、お客様とともに行う要求分析と、それに付随するロバストネス分析について、詳しく説明しています。

要求分析

 システムに求められる機能を仕様化します。具体的に「何を作るか(What)」を、お客様とともにつぶさに明らかにしていく作業になります。

 仕様化とは、全体を通じて論理的な矛盾がなく、技術面との整合性があるようにシステムの振る舞いを明文化することです。弊社は専門的な視点と経験によって要求を分析し、仕様化を推進します。

 ここではユースケース図、ユースケース記述、クラス図を用います。

ロバストネス分析

 詳細な設計に進む前に予備的な設計を行い、要求仕様をさらに明瞭かつ洗練したものにします。システムのアーキテクチャもこの段階で決定します。ここまでの内容でお客様のレビューおよび承認をいただくことになります。

 ロバストネス分析を行うのは、要求分析の段階では曖昧さや認識の不足が残っているためです。設計では「どう作るか(How)」を取り扱いますが、このHowとWhatのあいだに隠れたギャップがあるといえるでしょう。このギャップを埋め、WhatとHowを連続したものにする作業がロバストネス分析です。

 ここではロバストネス図を用います。洗練の過程でユースケース図、ユースケース記述、クラス図も変更することになります。

 要求仕様はきわめて重要なものですから、弊社では力を入れて取り組んでいます。この先の行程を進めるための基礎であり、ゴールを示すものですし、システムの全体像や規模を正しく把握するために必要不可欠です。

ドキュメントアクション